ラインパイロットへの道
航空大学校での生活を綴ったページです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

JA4218 FIRST SOLO


DSC_3527.jpg

管制官JA4218 First SOLO runway35 Cleared for take off
JA4218 First SOLO runway35 Cleared for take off

今日のATCの様子を一部抜粋してみました。ここにあるように初単独飛行の時は「First SOLO(ファースト ソロ)」という言葉を機番の後につけます。この「First SOLO」という言葉は後にも先にも人生で言えるのは一度きりです。そして今日この人生で一度きりしか使えない「First SOLO」という言葉を使ってしまいました。

DSC_3601.jpg

DSC_3602.jpg

DSC_3605.jpg

DSC_3637.jpg

初のソロフライトを終わってみてのまず最初の感想はあっという間だったということです。場周経路を一周して帰ってくるだけなので飛んでいる時間は10分弱しかありません。ただこの10分間がどれだけ幸せな時間であったか。周りは空と雲だけという世界に自分一人きり。不思議と怖さや不安といったものはまったくなく、飛んでいるときは妙な静寂に包まれていました。教官が横に乗っているときは自分で操縦していても指導されるという立場であるために空を飛ぶという喜びを純粋に感じることができなかったのかもしれません。ソロに出て初めて自分で空を飛ぶ喜びを感じることができました。この感じはやみつきになりそうです。

あと、うれしかったことがもう一つ。着陸して管制官との最後のやり取りで管制官が「First SOLO おめでとうございます」と言ってくれました。言ってくれるんだろうなとは思っていましたが実際言われるとやはりうれしかったです。

うれしいこと尽くめの一日でしたが、一つだけ残念なことがあります。普通ならFirst SOLOに出ると教官からウィングマークを胸に付けてもらえるのですが、ウィングマークの生産が遅れているらしくまだ届いていないため今日付けることができませんでした。ウィングマークを付けることをかなり楽しみにしていただけにショックは大きいです。最高の誕生日プレゼントになると思っていたのに。。。

DSC_3678.jpg



スポンサーサイト


  1. 2005/09/20(火) 20:59:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 ∥HOME

  

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 写真ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。