ラインパイロットへの道
航空大学校での生活を綴ったページです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

航空生理C'K

フライトの後、航空生理のチェックがありました。航空生理ってどんなことを学んでいるのかというと空酔いや時差、眼、耳、フライト時の錯覚、空間識失調、航空疲労などなどです。空酔いを例にあげてみると空酔いの予防法から対処法、空酔いの要因などいろいろなことを学びました。私も以前、空酔いに苦しんでいましたが空酔いに関しては知識を入れたところでどうにかなるものではありませんでした。結局は慣れです。ちなみにパイロットは酔うからといって酔い止めを飲むことは法律により禁じられています。
スポンサーサイト




  1. 2005/11/15(火) 21:48:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

  

コメント

始めまして。
来年からパイロット訓練生となる者です。
訓練の様子などとても参考になりますし、いつも楽しく読ませていただいています。

お聞きしたいのですが、「飛行機酔いは慣れる」というように書かれてますし、他の人からもそのようなことをお聞きしたのですが、本当に全員が慣れるようなものなのでしょうか?
私は、船に乗るとよく酔いますし、バスなどでも時々酔ってしまいます。
酔うと体力が奪われてしまいますので心配です…。
この酔いが、慣れることによって克服できるとは実感的になかなか信じられないので心配してます。
採用の適性検査で酔うことに関する項目など無かったですが、酔うことは適性がないのではないかとも考えてしまいます…。
  1. 2005/11/16(水) 23:33:35 |
  2. URL |
  3. NASH #-
  4. [ 編集]

はじめまして

少しでもこのブログが参考になってもらえれば嬉しいです。

さて、空酔いに関してですが教官の話によると10人に1人くらいは慣れることなくずっと苦しむ人がいるらしいです。しかし私の周りではみんな慣れてます。実際その割合はもう少し低いのではないでしょうか。過去に航大卒業まで空酔いに悩まされていた先輩がいたらしいのですがきちんと就職されて働いているとのことです。

空酔いの原因は精神的な不安が一番大きいと言われています。心配する気持ちはとてもわかりますが、良いほうにとらえましょう。酔いやすいということは三半規管がそれだけ敏感な証拠です。三半規管が敏感ならばちょっとした姿勢の変化やGの変化なども敏感に感じることができます。これはパイロットの適正としてこの上ないことじゃないですか。きっとすばらしいパイロットになれるはずです。

お互い頑張りましょう。
  1. 2005/11/16(水) 23:57:50 |
  2. URL |
  3. ゆーひと #-
  4. [ 編集]

なるほど、空酔いの原因で不安が一番大きいというのは確かにそうかもしれませんね。
ゆーひとさん、とてもためになる返信、どうもありがとうございました。
ブログを通してこれからも応援してますので、頑張ってください!
  1. 2005/11/19(土) 13:03:31 |
  2. URL |
  3. NASH #-
  4. [ 編集]

NASHさんへのコメント、すばらしいです !!
  1. 2005/11/22(火) 12:07:10 |
  2. URL |
  3. K #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuhito.blog3.fc2.com/tb.php/144-b1044b33
 ∥HOME

  

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 写真ブログへ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。